お酒の理想のおつまみ

お酒の理想のおつまみとは、お酒を美味しく飲めて、それでいて肝臓にやさしく二日酔いになりにくいものでしょう。

 

では、肝臓に優しく二日酔いになりにくいとは、どういうことを意味するかというと、お酒を飲むと肝臓はアルコールの分解で一生懸命です。ですから、その分解作用をサポートしてくれる効果が必要です。

身体に吸収されるアルコールの急速な吸収を抑える
二日酔いの原因になりやすいアセトアルデヒドを早く分解できる
疲れた肝臓をいたわってくれる

そんな効果のあるおつまみが、理想のおつまみと言えます。


アルコールの急速な吸収を抑えてくれるおつまみ

肝臓の能力を超えてアルコールが身体に入ってくると、肝臓はフル機能で働かなければいけません。分解しきれない状態のアセトアルデヒドが身体の中に残りやすくなり、二日酔いの原因にもなります。ですから、アルコールの吸収を緩やかにしてしっかり分解をしていくことが大切です。

アルコールの吸収を緩やかにするには、お酒を飲む前にアルコールを吸収する胃の粘膜を保護しておくことが有効だと言われています。

 

お酒を飲む30分から1時間くらい前に、牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品を食べましょう。
飲む前に食べるのが難しい場合には、おつまみとしてチーズやグラタンを食べても効果があります。また、乳製品は良質のタンパク質でもあるため、肝臓の機能を高める効果もあります。

 

オクラ、山芋、納豆などネバネバした食べ物に含まれるムチンも、粘膜保護の働きをしますので、乳製品と同様な働きをしてくれます。

アルコールの分解を促進するおつまみ

アルコールの分解を促進するためには、肝臓の機能を高めることが必要です。
ですから、そのための成分を含む食材が含まれるおつまみを積極的に摂りましょう。

動物性・植物性たんぱく質

肉、魚、チーズ、豆腐、枝豆など

肝臓細胞を修復し、アルコールを代謝する時に使う成分です。焼き鳥、刺身、枝豆など定番のおつまみがいいのも頷けます。

ビタミンB1

ネギ、ニラ、ニンニク、落花生など

肝臓のアルコール代謝に必要な成分です。ネギやニラ、にんにくに含まれるはアリシンという物質との複合体となり体内に長くとどまることができる。

ビタミンC

イモ類、小松菜、ブロッコリー、ピーマンなど

アルコール代謝に不可欠な成分であり、アルコールを摂ると腸管からの吸収が阻害されてしまうため、食事でしっかり補いたい栄養素です。

ビタミンE

ナッツ類

アルコール代謝を促進する働きをしますが、高カロリーなので、くれぐれも食べ過ぎないように。

疲れた肝臓をいたわってくれるおつまみ

アルコールの分解を続けると、肝臓が疲れてしまいます。そんな肝臓の働きを助け、肝臓機能を強化する食材を積極的に摂り、肝臓をいたわってあげましょう。

タウリン しじみ、牡蠣、アサリなど貝類、マグロ、イカ、タコ、海老など

肝臓の解毒作用を強めます。
セサミン ゴマ

活性酸素を取り除き、肝機能を高めます。
ビタミンE アーモンドやピーナッツなどのナッツ類

肝臓を傷つける過酸化脂質を分解する作用があり肝機能の低下を防ぎます。
クエン酸 梅干し

各栄養素がアルコール分解に使われ、体の細胞は一時的にエネルギー不足になります。クエン酸はエネルギーの生産を活発化させます。
カフェイン コーヒー

アセトアルデヒドの代謝を促進したり、利尿作用によって老廃物を体内から排出しやすくします。
タンニン、カタラーゼ

胃の粘膜を収縮させ、アルコールの吸収を穏やかにし、カタラーゼ酵素はアルコールの代謝を活発にします。
リコピン トマト

アルコール分解の過程で発生する活性酸素は、人間の老化の原因物質で分解する肝臓を傷つけます。リコピンは活性酸素の解消に役立ちます。
最近では、アルコール分解を早める効果が研究で明らかになってきています。

なるべく控えたいおつまみ

身体に良いおつまみを積極的に摂ることはもちろん、肝臓に悪いおつまみは控えたいもの。控えたほうがいいおつまみは、から揚げなど油をたくさん使うおつまみです。

 

脂質は、身体のエネルギー源になったり、ビタミン吸収を促進する働きもしますが、アルコールと一緒に脂っこいものをたくさん食べてしまうと、脂肪肝のリスクも高まってしまいます。

 

特にお酒のおつまみには、脂っこいおつまみが多いため、できるだけ避けるようにしてください。