飲酒時に水を飲む

お酒は、飲んだ後には肝臓で分解されアセトアルデヒドになり、その後さらに分解されて酢酸に、最後には二酸化炭素と水になって体外に排出されます。

 

飲み過ぎると体内での分解が追い付かず、アセトアルデヒドが血液と一緒に体の中に戻り、それが原因で頭痛や吐き気といった二日酔い特有の症状になります。

 

そんな二日酔いの状態を防いだり、できるだけ症状を軽く押さえるためには、水を積極的に飲むことをオススメします。

 

水を飲むことで、血液の水分量が増え、血中のアセトアルデヒドの濃度が薄まると共に、水分が増えることで尿と一緒にアルデヒドを排出してしまうこともできます。

 

さらに、分解前のアルコールも尿と一緒に体外に出すことができるようにもなります。

 

お酒を飲んでいる間も、時折水を飲むようにしたり、飲んでしまった後も十分に水分を摂って、アルコールやアセトアルデヒドを早く排出してしまいましょう!