アルコールの分解と二日酔いの仕組み

仕事帰りのキーンと冷えたビール一杯、おいしいですよね~。一杯、二杯で終わればいいんですが、なかなか止められずについつい深酒・・・。そうなると翌日に二日酔い、なんてこともよくあることです。

 

お酒(=アルコール)は体に入った後、肝臓に運ばれ、分解されます。ここでは、その分解のしくみと、二日酔いが起きる原因を解説していきます。


アルコール分解のしくみ

お酒(=アルコール)を飲むと、胃と小腸で吸収され、血液によって肝臓まで運ばれます。肝臓には細菌やアルコール、食品添加物、薬剤など、身体にとって有害な物質を無毒化して体外に排出する働きがあります。

 

アルコールは、肝臓で分解されて無害な炭酸ガスと水となって最終的には体外に排出されます。

身体に入ったアルコールは、肝臓で分泌されるアルコール脱水素酵素によって、まずアセトアルデヒドに変化します。そして次は、アセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸という体にとって無害な物質に変化します。この酢酸は、やがて二酸化炭素(炭酸ガス)と水になり、最終的には、二酸化炭素となって体の外に排出されます。

 

この分解に使う酵素の分泌量には個人差があり、そのためアルコールを分解する速度に個人差が現われるようになるのはそのためです。

二日酔いのしくみ

肝臓で分解できるアルコールの量や分解にかかる時間には個人差があり、お酒を飲みすぎると、体の中で分解しきれないアルコールが原因で、二日酔いを起こします。その原因は、分解過程で発生するアセトアルデヒドという物質です。

 

分解可能な量なら問題ありませんが、アルコールの摂取量が能力を超えると、分解しきれないアセトアルデヒドが血液中に戻されて体中を巡ることになり、頭痛や吐き気を引き起こします。また、体のダルさも二日酔いの特徴ですが、これも能力を超えてアルコールを摂取することが原因です。

 

肝臓は、食事で吸収した栄養を、糖などのエネルギーに変換する役割を果たす臓器ですが、アルコール分解に負荷がかかりすぎると、エネルギーを作り出す余裕がなくなり、体がエネルギー不足になり、ダルさを感じるようになるのです。